Gimura号リニューアル(?)のお手伝い2(後編)

先晩の酒が軽く残った状態の気怠い休日。必死なGimura氏に
早朝から叩き起こされ、ビール1缶で買収されたd氏を巻き込み
昨日やり残したリアの足回り交換作業を行う。


やる気満々のGimura氏。午前中には終了して
80km先の彼女の元へ馳せ参じたい様である。


幸いロドスタのリア足回りはバラした経験が
過去にあったので楽勝ムードが漂ってくる。

しかし用意周到なGimura氏。圧入道具が無い
ガレージでブッシュ交換の暴挙を考えていた。


なんでもその筋の雑誌に載っていた方法らしく
プーラーでナックルの古いブッシュを押し出す。


もの凄く大変なモノかと思っていたが
案外簡単にブッシュが抜け一同唖然。


新しいブッシュを穴あき板金とボルトで
収める。万力が無いとダメかと思ったが
知恵と工夫で何とかなるモノである。


そして事前準備してあったアームとサスを
変え左後の作業完了。この勢いのまま・・・


右側に臨んだがナックルとロアアームを
繋ぐボルトが錆で固着して外れない!


潤滑油を吹いてあらゆる所を叩いてみたが
どこからともなく錆の粉が落ちるだけ・・・


アライメント取るついでにショップで
やって貰うと言うことで、それ以外の
部分を変えてこの日の作業は終了。


車高調ではあるがデートカーとしての
乗り心地確保の為、標準車高で設定。

結局、午前中では終わらず午後3時終了。
暑い中、お疲れ様でした。


固着していたボルトで悩んでいる間に
アクセルワイヤーを交換してみました。


オーナー曰く、ワイヤー自体に付いていたクセが
抜けてアクセルの動きが良くなったようです。

この10万円で買ったGimura号は全塗装やモロモロの
部品代が既に50万円以上掛かっているらしい(笑)