スーパークリアリフレクターを付けてみた

FDが販売されていた頃はいずれドコかが出すだろうと思っていた
マルチリフレクタタイプのヘッドライトがWiseSportsから発売された。


商品名はずばり「Super Clear Reflector」。
購入時点では一般流通されておらずヤフオク経由で
メーカーより直接購入。FDも絶版車になって早3年。
もう出てこないなと思っていただけにコレは嬉しい。


早速交換に取り掛かるが、ヘッドライトユニットを
変えるので前面のベゼルを取り外したのだが
電球を交換する時もこの方が楽なのを発見!
上面のリッド外すとチリ合わせがエライ大変。


光軸合わせネジとユニットを留めるブッシュを
摘んで手前に抜くだけのお手軽作業。


純正リフレクタとクリアリフレクタを並べてみる。
この最近の車の様なキラキラ☆目玉が素敵。


どうやら台湾のソナー社が製造元のようである。
この手の光り物系アフター品ではメジャーらしい。


純正品(画像右)から型を起こして成形したと
思われるが防水用ゴムパッキンの返し部分を
見る限り工程削減(手抜き?)が感じられる。


内部のメッキやクリア部分のポリカーボネートが
どの位、経年劣化に耐えられるか微妙なところ・・・
結構、樹脂製ヘッドランプは紫外線でやられて
クリア部分がくすむらしい。ちなみに13年モノの
しおちゃん号はリトラで隠れているけど黄色い。


しおちゃんからの人柱依頼にも応え交換終了。
でもリトラだから普段目立つ事はありません。

ちょうど車検でディーラーに持ち込む直前だったので、助手席側が
俯き気味の光軸もそのまま引き渡す。担当氏からは「問題発生すると
面倒だから純正載せておいてよ」と言われたが、連絡が無かった所を
みると無問題らしい。翌週引取に行って車検の点検簿を見ると・・・


「ヘッドランプユニットが社外クリアレンズ(リフレクタ式)の物に
変更されていてすれ違い灯光軸検査の対応不明の為
上向きにて検査。光軸光度測定。注 FRPボンネット」

備考欄に書かれていた。最近はロービームでも
光軸検査する事があると言うのを初めて知りました。


某日夜、比較画像を撮りに行こうと思い立ち点灯。
最初の印象は「うわっ。暗っ!」


こちらがクリアリフレクタのロービーム配光。上方向と左右の
光線が無く照射範囲の狭いスポット灯の様に地面を照らす。
これが暗く感じた原因。


こちらは純正レンズカットの配光。
左側を重点に見慣れた範囲を照射している。
絞りが1/2段開いていたので拡散している分
数値的にはこちらは若干暗いと言う事になる。

下馬評だと光が拡散して少々暗いと聞いていたが、うちのはその逆。
数値的に明るくなったのは事実だが、ちょっと考えてしまう。
HID付けて光量を稼げば違ってくるのかも知れない・・・