デジタル一眼レフカメラ「*ist D」を買ったぞ

そもそも小学生の時、国鉄沿線で育った事もあってスーパーカー
ブーム後に来た鉄道写真もクラス中で蔓延。親に買って貰った
バカチョンカメラで電車を撮りに行ってました。そんな訳で一眼レフに
興味を持つに至りましたが、所詮ガキの小遣い貯めた所で購入
出来るモノでなくカタログを眺めるだけ。その後は全然見向きも
しなくなってました。それから十数年後仕事中に立ち寄った新宿の
カメラ屋で当時欲しかったカメラが1万円で出ていたのを衝動買い。
そこからタチの悪いカメラ収集熱の発作が始まってしまったのでした。


その後5年で買い漁った交換レンズは15本。
このほかにも本体やオプションやらが・・・


全てを手放して他社に乗り換える事も出来ず
購入したペンタックス製デジタル一眼の*istD。
奥は同じレンズを付けたかみさん用AFカメラ。


画像左の銀色カメラが30年前に父親の買った
ペンタックスSPF。画像右が仕事中に衝動買いした
ペンタックスMEF。親の影響は大きかった様で・・・

先日、なんでペンタックスのカメラを買ったんだ?と父親に
聞いてみた。「あ〜、当時一番安かったんだよ」だそうな。


APSサイズCCDを積んでどのくらい銀塩と
視野角が違うのかを同じ環境で試してみた。
表画像はMZ-5+fisheyeZOOM 17mm
裏画像は*istD+fisheyeZOOM 17mm


他社の高級機には到底及ばないが、今までの資産が
無事活かせたので良し。メーカーが断念したフルサイズ
CCD搭載機だと高価で手も足も出なかったはず。

ミスショットも簡単に消せるし、現像の手間が無いせいか
デジカメだと気合いの入った写真が撮れないんだよね。
ま、そこがメリットでもあるのですが。



現在、車ネタの記録にメインで使っているデジカメが
カシオのGV-10。耐水・耐衝撃性能がウリだけ合って
撮った画像は及第点以下。電池も大食いだし・・・
コンパクトデジカメ3台目だが言葉もありません。