サブコン「e-manage ultimate」装着(達観編)

と、言うことで素人の私が改善出来そうな事を行った対策ハーネスを搭載して試運転。以前あった走り出し時の微妙なアクセル開度にエンジン回転が追従しないという状態からは回避。しかし今度は似たようなアクセル開度で3千回転手前で息継ぎをするような状態に陥る。


こちらその状態の銀マネのログ。

該当回転域でいきなりインジェクタ出力が跳ね上がっている。ある程度アクセルを踏んだ状態だと、この部分はあっという間に通り過ぎるので息継ぎ状態を感じないが、町乗りメインな訳ですから常用回転域に息継ぎがあると不快指数増加します。
かみさん的には走り出しの時に肝を冷やさなくなっただけで効果ありと言っていたが、この3千回転手前までの状態を気にしながら乗ってみるとアクセル開度と吸気量と点火のタイミングがバラバラな状態でとりあえず動いているような印象を受ける。そのうえ相も変わらず銀マネのご機嫌がよろしく無い時が発生。走り出し以外何も改善していない事がはっきりしたので、同じB型エンジン+似たECUを持つNB乗りで銀マネを載せた実績を探してWebの海を漂ってみたら・・・

NBに銀マネを搭載した方いらっしゃいました。

しかもちょくちょく参考にさせて頂いていたロドスタショップ経由で搭載した様子!しかし搭載直後はすこぶる調子良かった様ですが、最後は点火周りを破損させメーカーへの恨み節が綴られると言う最悪のオチ・・・。ロドスタ専門のショップが手間暇掛けてセッティングを行ってこの状態ですから週末ちょこっと乗って弄ってをやっている私なんか鼻糞同然。気付いたらこのショップのサイトからもeマネに関する記述は消えていたので見限ったと解釈して良いわけですが、み号に載せたデカイインジェクタからガソリンを垂れ流しにする訳にはいきません。


そこで丁度一年使った銀マネを見限り、余り問題を
感じさせなかった青マネを再搭載する事にしました。
しかしケーブルに執念を燃やすタマMK2が邪魔をする。


何度も半田ごてを当てられちょっとお疲れ気味なECU延長ケーブル。


中古で調達した青マネなのでマニュアル一部が無く、例の抵抗の扱いが判らず
有名な海外のeマネサイトへ英語版マニュアルを見に行こうとしたが、閉鎖という
非常事態に遭遇!アーカイブサイト経由して該当ページを落として施工しました。


こうして完成した(元に戻っただけ?)ハーネス一式。

ノートPCはVista搭載のものに変わったが、以前のPCに青マネデータは残ったままだったのでサポートツールごと移行して直ぐさま完了。しかしこちらも極まれにご機嫌斜め状態で銀マネと同様の濃い状態を表示し、燃料カットが効いていない様な表示をすることがある。しかし春の陽気とともに出現しなくなってきたので、発生次第ダイアグ掛けて調べてみることにします。