スピーカー交換とエンブレム外し

最近うちの近所も治安が悪化したせいか、お隣さんちは玄関先に括り付けてあった
原チャリが前タイヤを残して盗まれてしまうし、デミは3度目の10円パンチをされました。
半年位前にやられた際にショックセンサー付きの警報装置を購入し装着したのですが
ドア裏側にショックセンサーを貼り付け、車内に配線を引き込む作業に難儀したため
適当にセンサーを設置していて、強雨の日は感度を落とし近所迷惑にならないように
していた矢先の出来事。これを機にきっちりセンサーを付け直す決意をしたので
ドアの内張を剥がすついでに運転席と助手席のスピーカを交換してみました。

前ドア内張の取り外しは、ドアミラー裏の三角の部分とネジは赤丸の5ヶ所を外し
ドアノブ裏の連結棒を外して内張を上に持ち上げ後、配線コネクタを外せば取れる。


5ヶ所のネジを外したら下側からハメコミを力技で外す。


今回、ドンキホーテで購入したコアキシャル2wayスピーカー。
ボッシュマンと書いてあるが聞いたこともない。生産国も不明。


内張外すと見えてくる純正スピーカー。


画像は後ドアの車体側配線取り込み部分ですが、生産性向上の為か
コネクタが車体にハメ込まれています。配線をドア側へ通すとなると
こいつが邪魔をしてくれます。前ドアも同様ですが車内側からは更にツラいです。
スピーカー交換のみなら関係ないのですが・・・


ちなみに後ドアはドアノブと取っ手部分の2ヶ所にネジ止めされている。
スピーカー交換しなかったけど今後の参考までに。

結局、純正スピーカーに刺さっているコネクタは使い物にならないので
ギボシ部分だけを抜き取り、後付スピーカーの端子に差し込むことになった。


純正スピーカーがネジ3本で留まっていたところに合わせて装着。
コーンエッジ部分の青がカッコいいけど内張戻したら見えない。
ここで左右から音が出るか確認し、内張を元に戻して完了。

今回コアキシャル2wayスピーカーに交換してみたモノの、高音部のツヤが少し出たかな
と言う程度。FDにケンウッドの同様のスピーカが付いているが明らかに違い過ぎ。
使用してるヘッドユニットは同じモノなのでスピーカの性能差が顕著に現れました。

あと数千円出して横に並んでた国産メーカー品を買えば良かった。
結論、「安物買いの銭失い」
まあ、いいか。純正よりは良さげだし。


気を取り直して作業を続けていきます。次はリアゲートにセンサーを装着します。
リアゲートの薄い内張は8個のプラスチックの留め具で留まっているだけなので
これを取れば良し。ワイパーモーターやナンバー灯の配線とご対面できます。
ちょうどこの頃ステッカーを頂いて「エンブレム剥がしキット」なるモノを購入したので
ついでにリアのカモメマークとMAZDAステッカーも取っ払ってしまうことにしました。


今回使ったケミカル品。位置決め用の穴を塞ぐのにパテが必要。


メインの作業はセンサーの配線なので針金を使ってリアゲート内に
配線を通す。ゲートから車体へはウォッシャー管が通るゴムパイプを
使用。車内側は天井の内張を少し剥がさないとキツいです。
エンブレム剥がしには全く関係ないですが・・・


エンブレム剥がし後、残った穴2ヶ所に青いビニールテープを貼り
ワイパーモーターの裏側から空気が入らぬようにパテを塗りつける。
狭い場所なので長いヘラを使った方が楽かも。


暫く放置してからビニールテープを取るとこんな感じに。
必要であればこの上にパテを持って修正。内張を戻して終了。


最終的にパテの上をタッチアップペイントで塗装しますが、所詮素人作業なので
色が合わず施工部分が分かりますが、そんなに目立たないので良しとします。

リアのエンブレム剥がしは、そのうちやろうかなと思っていたけど
10円パンチ野郎のお陰で一気に進んでしまいました。
しかし、他人の車にイタズラするヤツは厳しく制裁を加えてやりたいものです。