ボンネットの中・その2

プラグコードとアーシングケーブル、塗装したヘッドカバーもその効果は
二の次としてボンネットの中を彩るのに良い味を醸し出しておりますが
クーラント交換のついでに何時かやろうと思っていたラジエータホースと
ゴムホースの交換。ボンネット内青化計画をGWに再始動しました。


今回準備したのはSAMCOのR33・34用ラジエータホースと
RS秋元のシリコンホース3種詰め合わせ。無論、色は青。
調達してほぼ半年放ったらかしでした。


(Photo by dankichi)
矢印のドレンを外して2年間無交換だったLLCを抜きます。


ドレン外すと香ばしい臭いを発してLLCが出てきます。
水道水で2〜3度ラジエータを洗浄して綺麗になったら終了。


交換しようとするラジエータホースを外して・・・


SAMCOのホースを惜しげもなく似た形に刻んでみましたが・・・


ホース内径と装着向きが合わないので使用を断念。
結局、ブローバイとキャニスターとラジエータリザーバの
ゴムホースをシリコンホースへ交換するに留まった。


ブレーキブースターホースはワンウェイバルブがあったりして
サイズの兼ね合いで交換可能だったのはこれだけ。
交換した場所を言わないと判かって貰えないかも。

取り外したホースの中には熱で硬化しているモノもあったので
見た目だけでなく割れの予防にも一役買っているハズ。


同時に飛び石で剥げてしまっていた
HIDのフィニッシャーとグリルも再塗装。

似た様な形をしていたR33・34用のラジエータホースを選択してみましたが
結局、失敗!
まぁ、ダメ元ではありましたが・・・
コレではボンネット内青化計画に程遠いので
別のモノ調達して再チャレンジします。


今回のおまけ作業


綺麗に塗り直したグリルに社長殿から格安で
譲って頂いたMSオーナメントを付けてみました。