屈辱(?)の14インチホイール装着

物騒になって久しいうちの近所。既にデミには警報機を付けていたが
平日は実家のガレージに置きっぱなしの愛機FD用に警報機を入手。
追加オプションを義兄のタイヤショップに取り寄せして貰い受け取りに
行った時のこと。義兄「そろそろFDのタイヤはヤバいんじゃない?」
私「FDは最近距離伸びてないのよ。それよりデミのタイヤ、車高調
組んでから当たる様になっちゃったんよ。インチダウンさせようかな?」
こんなやり取りから始まって、目の前で電卓ハジかれ購入決定(笑)
しかも納品も至極速やかに、3日後にはガレージに納品となった。


念願だった色ブロンズと掃除がしやすそうの理由で購入した
ダンロップ新作ホイールのDIREZZA。納品後ハブ穴部分の
クレームで更に安価に(笑)タイヤは前回同様のヨコハマDNA GP。
ホイールサイズは6J-14 +38。タイヤサイズは185/55-14。


予てより気になっていた15インチタイヤ装着時のタイヤ
ハウス内の干渉。ハンドル一杯に切ると当たるようです。
リアも極端なスロープを斜めに上がるとタイヤがショックに
触ったりと結構無理しているサイズのようでした。


14インチにした事でタイヤサイズが直径約1cm小さくなり
開いた隙間を埋めるべく車高も1cm落としました。


ブロンズのホイールが入ってAスペモドキもようやく完成。
ブレーキダストの汚れも余り気にならない色合いだし。


しかしリアのツライチ度合いが+3mmのオフセットと
キャンバーの兼ね合いでかなり奥まった印象を受ける。

装着直後、4人乗車で往復200km程を走ってきましたが
更に車高を落としたにも関わらず前後とも干渉無し。
やはりDWは14インチ位が無難な選択の様です。
15インチの迫力はカッコ良かったんですが・・・