リア補強パーツ考察

先日、ガレージにてdankichiさんのデミに車高調を組んだ際
ふとalettaとGL-Xの上位グレードにはリアスタビライザーと
リアパフォーマンスロッドが組んであるとカタログ上に記載が
あるのを思い出したので潜ったついでに確認してみました。


これは社長殿の仕事場に転がっているaletta用リアassy。


よく見るとビームの内側に棒状のバネ材が溶接されています。
これがトーションビームサスのスタビライザーになります。


中央部にサポートがありますが両側を繋いでいるだけです。
フロント側の太いスタビライザーとは構造が根本的に違う。


こちらはdankichi号。グレードはGL。
ご覧のようにリアスタビの部分には何もない。


末端の溶接される部分も穴が開いたまま。


続いてリアパフォーマンスロッドを確認してみる。


ボディ側へはバンパーと共締めされています。


今回の比較対象は社長号。グレードはL。
ロッドは存在しない。が、この程度のバンパーでは
追突されたらDWは一溜まりも無いことに気付く(笑)


ボディとバンパーの接続部分。リアパフォーマンスロッドが
付いていると鉄板が1枚増設されるようである。

これらのリア補強パーツがどのように影響しているか
両車をじっくり乗り比べた事が無いので判りません。
希に掲示板等で取り付けたいと書き込みがありますが
個々の部品単位の入手と取り付けは難しそうです。