Powered by dankichi
ディストリビュータ考察

2004年新春。細々と執り行った新年会の席上でdankichi氏が
「次は点火系を弄ってみたいんだよねぇ〜」の発言からDWの
コイル内蔵ディストリビュータが、どうなっているのか気になり
軽い気持ちでバラしてみました。直前まで点火コイル内蔵の
ディストリビュータが存在する事すら知りませんでした・・・(恥)


こちらがDWデミオに搭載されているコイル内蔵デスビ。
d氏曰くホンダ車あたりでは結構メジャーなんだそうな。


d氏がサンプルに入手してきたBGファミリア用デスビ(画像右)
点火コイルが内蔵されていない分だけ小振りである。
エンジンと繋がる部分は同形式エンジン故、同じだった。


しかしデスビキャップ部分は同じ様に見えるが別物。
ポン付け流用はこの時点で脆くも崩れ去った・・・


結局両方のデスビで同じ所は直径だけであった。


デスビ・イグナイター・コイルを一体にして作っている事に
改めて感心したが、改造は大変な事だと気付かされる。


樹脂で固められているイグナイター部分。Assyでメーカーから
納入される様で、Dラーには内部の配線図は存在しなかった。


そこで内部配線を理解する為にd氏が手にしたのは
アウトドア用のトーチガスバーナー。不敵な笑みが・・・


ファイヤー♪


見事に樹脂部分が燃えて内部配線が露出。結局この日は
純正の点火システムを改めて勉強する場で終了となった。

Special Thanks : dankichi