初めての車検顛末記

みーこ号も初車検の時がやって来ました。最初はディーラーへ依頼する
つもりで居たのだけど、事前に見積をして貰ったところ分解点検が発生
する関係で結構高額。私のFDも2度目の車検がすぐにやって来るので
「分解点検要らないし2台ともお願いするから安くして」と言ってみたモノの
聞き入れられず撃沈。そんな折、近所の代行屋から「格安車検でポリマー
加工無料」のチラシが舞い込んできたので、そちらへお願いすることに。
しかし引取日の朝、代行屋さんに車高の低さを指摘され「釣りゴムで
マフラー上げて通して」と言付けして車のキーを渡し仕事に向かった。


車高についてはディーラーで何も言われなかったので無視
していたのだが、14インチホイール入れた際、更に車高を
落としたのでタイコは最低地上高9cm無い状態。(8cm位?)


実はその前に最低地上高確保の為にネットオークションで
デミオ用AUTOEXEマフラーを入手したのだが、出品者の
勘違いでDY用(画像上)だった。かなりしょんぼり・・・

結局、代行屋さんから仕事中に連絡が入り「タイコ部分は高さ
稼げたけど触媒側の高さが足りなくて対応させようとすると別に
作業料金が発生する」とのこと。「自分で車高上げます」と告げ
一旦返却して貰い車検は仕切直しとなった。そして週末・・・


まずはフロントからジャッキアップしてタイヤを取り外して見ると
左側の車高調のダストブーツがバンプラバーに巻き付いている!


車体から取り外さないと修復出来ず一度バラバラにする事に。
余計な作業が増えた腹いせ(?)にTEINにこの画像送ったら

お問い合わせの件、画像から判断させていただきますと、
ダストブーツの空気抜き穴が塞がれた状態でダンパーが
リバウンドしブーツ内が真空状態となりブーツがシャフトに密着。
その状態のままバンプしたため、バンプラバーに噛み込まれる
ような形状になってしまったものと推測します。


丁寧なメールが返ってきたが、保証期間の1年はとっくに
過ぎていたし、ハナからユーザー登録していなかったので
「必要なら新しい部品買ってね」とも書かれていました。


応急処置としてダストブーツの根本に針金巻いて対策。
いずれ部材調達する予定のダストブーツはバンプラバー
共に新しい型番のモノに変更されている様です。


続いてリア側の車高上げ作業を行いましたが、ヘルパーと
メインスプリングを繋いでいるリングがブーツを捲り上がって
しまう対策の為、上下を組み替えた。以前dankichi号も
同じ状態になりメーカーに確認したところ問題無しとの事。


余計な作業ばかりでしたが車高2cm上がってタイコ部もこの通り。
ちなみに緑色の物は車高調に付いてきた9cm測定板。


メーター検査対策に純正タイヤを装着して更に万全の態勢。
純正より車高短にも拘わらず、改めて見ると激しくカッコ悪い。


苦労の甲斐(?)あって2度目は問題なく車検通過。
今年から変わった車検シールと車検証が届きました。

Special Thanks
いーの氏@yoshipi(人力提供)

因みに翌週には車検前仕様に戻しました(笑)
今回期待させたディーラーには申し訳ないので
FDの車検はディーラーで通して貰いました。