ターボ化への道(再試着編・・・)

社長殿よりエキマニの補修溶接が無事完了の
連絡を受けて喜び勇んで回収に向かった。


ほぼ一周に渡って割れていた部分もこの通り。


早速、再試着をと思ったらフランジに
片側約2mmの反り返りを発見・・・


(Photo by dankichi)
この日の作業は中断して、d氏が仕事で
懇意にしているフジタ鉄工へ修正を依頼。


(Photo by dankichi)
結局バーナーで炙った程度では戻らず
面研して貰って修正する事となる・・・

鉄工職人殿によると「数回にわたる補修溶接が原因では」との事。
高熱に晒され収縮する部分なので平行出すのは大事だそうです。


しかしエキマニの受け渡しに時間が掛かり1ヶ月中断。
気を取り直し、部材調達して再々試着作業を執り行う。


試着時に最大の問題であったアクチュエータを


ネジ切り棒を使って下方に移設してみた。


面研後2週間経って少し錆が出てるエキマニに
タービンを組み付けエンジンに取り付けてみる。


ファンからは逃げたモノのラジエータホースに干渉。
クリアランス確保の為に純正に戻したというのに・・・

どうするか・・・と、思案しているトコに作業助手I氏が
「これ以外にも干渉するトコあるんじゃないの?」と呟く。

(ターボ化への道)次回ノリと勢いで大団円?

Special Thanks
dankichi
いーの氏@yoshipii