テールランプ成れの果て・・・

「こないだ買い物行った時、後ろの方からカラカラ音がしてた」と、かみさんに言われ
いつも通り週末にガレージに持っていき、音の原因を探ろうと車の後ろに回ったら・・・


ヒビだらけのテールレンズが目に入ってきた!
酷いのは右側だが左も同様にヒビがある。


上の画像を拡大したモノですが、表面には
出ておらずどうやら樹脂内部のモノのよう。

この所、洗車をサボっていたので間近で車を
見た事が無かった。2006年になってからの
洗車は1月と5月と7月のスタンド洗車と雨後の
夜にぞうきん掛けだけする体たらくぶり(笑)。


赤い部分だけでなくクリア部分もヒビが発生。
左右ともまんべんなく発生しているとなると
考えられる理由は「染料使用」ただ一つ・・・

当時はスモーク化で、してやったりと思っていたが
5年間の時間を経てボロが出た格好。車を弄るのは
時間が経っても覚悟が必要と改めて思い知らされる。


しかし5年経って結構色落ちしたと思っていたが
元々のモノと比較すると幾分黒さが残っている。

しかし気になり出すと止まらなくなるので交換!


今まで同様ウェッジソケットを使用できるよう
穴開け加工をしたら手元が狂ってデカ穴に・・・


点灯はしているが電球内部がお疲れ気味の
ウェッジ球もついでに予防交換してあげる。

デカ穴にしてしまった部分はソケットにテープを巻いて嵩上げする。
これで雨水が入ってくるようなら更にデカイソケットにするしかない。


で、肝心のカラカラ音の原因は


センパイとマフラーのフランジナットが
どこかに飛んで行ったのが原因でした。


辛うじて2セット持っていたロックナットで


ネジを締め直してカラカラ音対策終了。



(Photo by dankichi)
テールを交換してパリッとした後ろ姿をd氏がパチリ。