ターボ化への道(インジェクター交換(装着編)上巻)

ちょっと遅めの新年会席上「いよいよインジェクター交換だ」と話をした時に
「つまらないトラブルの予防にインジェクター周りのゴム部品は変えた方が
良いよ」と言われる。DWから外したモノをそのまま継続使用しようと考えて
いたのだが「高い部品じゃないからケチらず新品使え」とトドメを刺される。


皆に言われたとおり、調達したNB8インジェクターの
インテーク側インシュレータは硬化した上に欠けていた。


と、いうことでディーラーに赴き部材を発注。


画像左がNB8インジェクターに付いていたモノ。
右の新品と比べると厚みが全然違っていた。

ちなみに1台分のインシュレータとOリングで
2千円程度
可燃物が通る場所だけにケチっている場合ではないと・・・


準備が整ったのでガレージに乗り付け交換!
(ノリと勢いで開始してしまい後で後悔することに・・・)


どこから手を付けるか考えるが、運転席側から見ても


助手席側から見ても、補機が邪魔で良く見えない。


仕方ないので正面から着手することにする。
ヘッドカバーの上にあるモノをどんどん外す。
しかしスロットルボディの下は砂埃が凄い。


スロットルボディが取れたらインジェクターは目の前。


インマニとヘッドの接合部に微妙な滲みを発見!
過給圧は考慮されていない設計だからか?
しかし今更どうすることも出来ないので無視。

中巻に続く・・・

Special Thanks
いーの氏@yoshipi