ターボ化への道(インジェクター交換(装着編)中巻)

ノリと勢いでココまでバラしてふと気付く。
「あっ!燃料ラインの残圧抜くの忘れた。」


ココまで来て後戻りするのは辛いのでコネクタを
外してデリバリーパイプをインマニから切り離す。
そしてインジェクターを引っこ抜くとガソリンが
ドバドバと出てくる。あ〜もったいない・・・


純正インジェクターを4本とも抜いた直後。
まだまだ残っていたガソリンが出てきます。


もう少し頑張れるかと思った底辺インジェクター。
他で使うことも無いので物置で放置プレイの運命に。


そしてNB8インジェクターに調達した新しい
ゴム部品を付け、逆の手順で組み込んでいく。
デリバリーパイプに刺さるOリングの張りが良く
キッチリとハメ込むのに少々難儀しました。

後日知ったのですが、デリバリーパイプに装着の際は
Oリングにオイルを塗布してあげるのだそうです
コレだから素人作業は・・・。ま、漏れて無いから良し!


インジェクターの配線を元に戻してあげて


スロットルボディを含めインテーク周りも元に戻して完了。
ちらっと見えるNB8インジェクターがやる気を予感させる(笑)

そしてエンジン始動!


結構な量の黒煙がマフラーから出てきて驚く。
(黒煙を撮ったつもりですがうまく写りませんでした・・・)

無事エンジンは掛かったのでインジェクター交換作業は終了。
問題なく走れるようにセッティングしてあげればおしまい。か?

下巻に続く・・・


おまけ


スロットルの裏はこんなに汚れてました。バタフライ周囲の
特に黒いところはシーリング材と思われるので手を付けない。
アイドルバイパスホールのみキャブクリーナで綺麗にしてあげる。

Special Thanks
いーの氏@yoshipi