内装青化「染めQを使ってみた」

もう4年近く経つが「青いドア内張に交換・・・」で染料を使って各ドアの内側の取っ手を青く染めたが、前側の取っ手は早い内から退色して染めた事実が無くなっている状態に・・・。
ちょっと前にホームセンターの塗料売り場でひと味違う陳列をされていたのがこの「染めQ」。取っ手部分は柔らかい樹脂だったので普通の塗料で塗装しても触れる部分故、剥がれてしまいそうなのでコイツを使ってみようと試みる。実は普通の塗料より若干高くてこれまで購入は躊躇していました(笑)。

パッケージには「最先端のナノテクノロジーを駆使した新しいタイプの染色型塗料で素材の内部に浸透して密着するため、引っ張っても、ネジっても、一度染まってしまえば剥がれたり割れたりする事がありません」と普通の塗料とは違うんだぞ!と言うことが書かれている。


こちらがすっかり染めた事実が全く判らなく
なってしまった前側助手席ドアの取っ手部分。


いきなりドアから取っ手部分を持ってくるのも
面倒なのでスペアとして持っていた取っ手を
綺麗に洗浄して、自宅の軒先で塗装を開始。


3回ほど重ね塗りして塗装完了!


塗膜が完全に乾いたところで取っ手の交換。
内張は完全に外す必要がないので作業は秒殺!


今回、ネイビーブルーを買ったが車体色より
濃い青色に・・・。今思えばコスミックブルーが
近かった気がするが気にしないことにする。

パッケージに「PP樹脂には専用プライマーを使用してくださいと」あったが使わずじまい。裏側に付着した塗膜を擦ってみたが簡単には削れない。あとは退色がどのように進行するか見守ることにします。