サブコン「e-manage ultimate」装着(泥沼編)

とにかく濃厚な燃調が大好きな銀マネをどうにかしようと
ログを取り、おかしな部分を探すという地味な作業を行う。

ここまでで青マネから銀マネに変わってから出てきた不調(?)は

a.機嫌が悪いとA/F値11前半位の濃い状態を表示している。
 (ご機嫌麗しい時は14台のストイキになっている。青マネでも時々発生)
b.またaとは別にA/F値12中盤のまま固まっている時がある。
c.前述aとbの状況だとアクセルオフ時A/F値が30にならない。
 (燃料カットが効いていない?)
d.エンジン始動時にセルが一瞬止まる時がある。
 (これは青マネでも一度発生)


またPCを繋いでモニタ、ログを見てみると
e.水温情報が違う(FDと同じセンサーのはずだがファン駆動水温が違う)
f.開度0時のスロットル電圧がブレる(青マネと同じ仕組みなのにフラフラ)


と、こんな感じ。


d氏のアドバイスもあり配線を再度確認する。ついでに
銀マネが無い状態でスロットル電圧をチェック。
車体側にはフラつきの原因が見つからず・・・


そして作業助手I氏から無関係なケーブルからの
信号が何か悪さしているんじゃないの?と言われ
カム角センサーとISCへの配線をコネクタから外す。

一瞬、み号のご機嫌が麗しくなりコレが原因だったのか?
と、歓喜の雄叫びをしようとした瞬間またご機嫌斜めに・・・



更にECUがエラーを吐いているかも知れぬ。と言うことで
何となくテスターをダイアグ端子に当ててみたら反応あり!


撮った動画をアニメgifにしてみた。

パッと画面が切り替わったところから長2短3-長1短2-長1短7と読み取れる。

最初、同じB型エンジン搭載車と言うことでロドスタのサイトにあったダイアグコードを参考にし、長+短の2桁で判断すると3連コンボでエラーが出ているのか!と、驚いたのだが、その後提供頂いたDW後期のダイアグコードを確認したら長短3〜4のセットで一つのエラーコードを表すということを知る。ちなみにエラーコードとしては短いパルスの数をカウント。この場合「327」となる。この「327」とは「ノックセンサ信号異常(ECUへの入力信号が低い)」と言うもの。

そして、この頃から前述a〜fの不調に加えて、走り出しの微妙なアクセル開度に追従せずエンストしそうになる状態が発生。アクセルを少し開けた状態をアイドル領域離脱と認識せず、ISCが強引に戻すために支障が出ているような感じ。FC乗っていた頃スロポジ不調で似たような状況になったことあったなぁ・・・

しかし、この不調には、かみさんブチ切れ!
ま〜、私も買い物行く途中の坂道発進で冷や汗かきましたけどね・・・


結局、エラーを吐いていたノックセンサや
スピードセンサ等、拡張機能部分の接続を
一旦外して様子を見ることにしてみた。


暫定措置だけあってスゲー適当な処置。
それでもまだ銀マネさんはご機嫌斜め。